スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

点棒状況の捉え方その1

麻雀の基本は和了することである。
だが、全ての局で和了できるわけでも目指すわけでもない。

何が基準になるのか?
・自分の手
・相手の手の進行状況
・点棒状況
この3つが複合して結論を出すのである。
自分の手がいいから絶対行く。などという単純な思考は間違いだ。

これは麻雀の基本であり、ここの考え方はがっちり固めておかないといけない。

ここからは私の主観が多く含まれるが、
4分の3を目指すの頁でも解説したように、麻雀は4着をいかに取らないかである。
であるから、点棒状況の捉え方も「4着を基準」としたものにするのである。

また、これは1局単位で見る。東1からオーラスまで、
極論であり、これにこだわりすぎると勝負にならなくなるが、
基本的には、とにかく「1回もラス目にならない。」事が第一の目標である。

東南戦だから。と序盤はとりあえず突っ張りなんて考え方はしてはいけない。
1回でもラス目に落ちたらもうそれは追い込まれているのだ。
もちろん序盤の2000点差くらいのラスになるかも?
くらいならまだそれなりに強気でいけるのだが、
赤ドラが乱立するこのご時世に安い手など基本的に期待できない。
よほどの勝負手の時のみ、行くのだ。
テンパイとイーシャンテンで雲泥の差があることは次ツモでテンパイする確率 の頁を参照。
点棒状況次第では役萬でも行かないことすらありえる。


例えば、団子の状態から無理して満貫を振ってしまったら、圧倒的にラスが近づく。
だからこそかなりの流れや自信がない限りツッパラないのである。
逆に満貫・ハネ満を振ってもラスにならない一人沈みがいるとき、
これは若干強気で行けるのである。 


長くなるので続きは点棒状況の捉え方②の頁へつづく(予定)


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハム

Author:ハム
やろうと思う事
・麻雀診断をいつか作る
・麻雀のメニューページを細分化する
・麻雀脳トレプログラムとか

最近思う事
・過程はどうあれやせたやせた。

好きな仕事人:三味線屋の勇次
好きな正義超人:ラーメンマン

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
くだらないアンケート
サイト内検索
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
タグクラウド

人気ブログランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
PR
フリーメールを作って稼ごう。 ウェブマネーに変換だ~
amazon新着商品
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。