スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

打撃系麻雀

打撃系とは、一言でいえば全局(ギリギリまで)アガリに向かうタイプである。

片チンの漫画で言えばこの人 朧夏月(おぼろなつき)
11-04-23_001.jpg 
(牌賊!オカルティ1巻より)

彼はデジタルや捨て牌読みなど、様々な理論を理解したうえで、
出した答えが「打撃系」だったのである。

とにかく「和了に向かう」「高い手を和了する」
「相手のリーチなんて怖くねえ」「振り込み上等」
この辺が打撃系の特徴だ。

勘違いしてはいけないのは、1000点の手でも必ず突っ張るとかそういうことではない。

打撃系の素晴らしいところは相手の手に怯む事がなくなるということである。
麻雀において迷いは付き物だが、この打撃系を自分のスタイルとするということは、
押し引きにおいて「悩む」事はなくなる。そして結果に「後悔」する事もなくなる。

そう言ったことから、「ブレない」という麻雀で強者たる一つの必要条件を満たす打ち手でもある。

また、他家に与えるストレスも半端ない。
マンガン振り込んどいてハネマンをツモる。暴れるだけ暴れて傍観していた守備重視の他家はノー和了でラス。
なんて展開の時、他家に与えるストレスは半端ないだろう。
結果として相手のスタイルを乱すことができるかもしれない。

打撃系である以上、確実にトップは増える。だがラスも増える。
ツキがない場合ではラスの連鎖がくるかもしれない。

だがしかし、そこで自分の麻雀を曲げるようでは打撃系とは言えない。
ツイてないから守備重視にスタイルを変えるようでは真の打撃系は目指せない。
そう言った意味でこの打撃系を貫き通す・極めるということは、
『上級者であればある程』『レートが上がれば上がるほど』難しい。


迷惑をかけるだけかけて負けている時はいいが、
迷惑をかけるだけかけても自分が勝っている場合、
相手に最も忌み嫌われる打ち手である。

そこらへんには注意しよう。

スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハム

Author:ハム
やろうと思う事
・麻雀診断をいつか作る
・麻雀のメニューページを細分化する
・麻雀脳トレプログラムとか

最近思う事
・過程はどうあれやせたやせた。

好きな仕事人:三味線屋の勇次
好きな正義超人:ラーメンマン

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
くだらないアンケート
サイト内検索
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
タグクラウド

人気ブログランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
PR
フリーメールを作って稼ごう。 ウェブマネーに変換だ~
amazon新着商品
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。