スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

危険牌の捨て方

危険牌を切る事は麻雀において避けられない。

だが、当たるリスクを冒して危険牌を切るのだ。
危険牌を切ること自体に夢中になって、なにも情報を得られないのではもったいない。

危険牌を切る時は必ずリーチ者(本命テンパイ者)の表情と視線を確認する。
切ってからじゃ遅い。切ると同時に確認するのだ。
つまり牌を切るその瞬間は自分の視線は卓ではない。相手に向けるのだ。

きっちりとした場所に切ることなどできない。
だが離れた場所に打牌しても、切った後直せばいい。
これは危険牌だけに限らない。

常にきちっとした場所に打牌をするという事は、その瞬間は必ず自分の河を見ている。
はっきり言ってこれは麻雀におけるマイナスのクセの一つである。今すぐ修正すべきだ。


毎回やるとあまりに不自然で気付かれてしまうかもしれないが、
リーチ者に対して打牌である程度詮索を入れる事が出来る。

牌を半分隠すように打牌する。
危険牌だから打牌に力が入っているんだという印象を持たせつつ、
いつもよりワンテンポ遅らせてその中指をゆっくりと離す。
基本的に牌の上側を隠す。萬子なら数字の部分に中指を置いて打牌するのだ。

この「色だけを相手にわからせる」という行為が思いのほか重要。

視線はそのまま牌に集中するのか、その時点で目を牌から一瞬でも切ってしまうのか。
隠そうとしてもなかなか隠しきれない人もいる。

仮に色を特定できれば、少なくても両面待ちであれば振ることはなくなる。
その人がどんなに牌効率を極めようと、どんなに期待値の計算が早くても、
自分はそんなの全然わからなくても、それでも勝てる可能性は一気に上がるだろう。


もし今までそんなことを考えたこともない人がこの記事を読んだならば、
次に打つ際は自分がリーチした際、自分は相手の打牌に対してどのような態度を取っているか。
どのような視線の置き方をしているかをちょっと意識してみてほしい。

程度の差はあれど、今まで観察されていることを意識していなかった自分がとっている態度は、
基本的に観察されることを意識していない相手がとる態度そのものである。



スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。
 

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハム

Author:ハム
やろうと思う事
・麻雀診断をいつか作る
・麻雀のメニューページを細分化する
・麻雀脳トレプログラムとか

最近思う事
・過程はどうあれやせたやせた。

好きな仕事人:三味線屋の勇次
好きな正義超人:ラーメンマン

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
くだらないアンケート
サイト内検索
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
タグクラウド

人気ブログランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
PR
フリーメールを作って稼ごう。 ウェブマネーに変換だ~
amazon新着商品
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。