スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

麻雀のタイプ オカルト系雀士

そらまあ、この人しかいないわけですが。

イメージキャラ:群鷗刈人(むれお かると)
003.jpg
(片山まさゆき「牌賊!オカルティ」より)

このキャラはオカルト一筋で戦っていたが、
それでもデジタル理論もアナログ理論も一通り理解はしていた。
オカルトの中にデジタルがあるという独特な表現もしていた。

ようは、オカルト派でも、デジタルやアナログは基本知識として「必須」であると自覚しているのだ。

オーラス和了トップでスーアンコか4メンチャンかで、刈人はスーアンコを選んだ。
競技麻雀であり、祝儀もない。現実的に考えれば4メンチャンを選ぶ方が間違いなく正しい選択だ。

ここからは現実的な話になるが、やはり麻雀に「たられば」はつきものだし、それがあるから楽しいのだ。
上の例だって、役満祝儀がなくても、スーアンコ選ぶ人は多いのではないだろうか。
つまりこの時点でスーアンコを選ぶ人は既にデジタルの枠を自ら超えているのである。
デジタルでの正解を捨てて、和了し逃した時悔しいスーアンコを選ぶ。

どうせ人間完璧にデジタルに打ち続けることはできない。
だったら楽しめるほうがいい。

今回は1牌だけ押そう。とかよく対局中に考えると思う。
(まあどうせ次の牌でまたもう1牌押すか悩むんだが)

この部分をオカルト派の刈人は、最初に「3牌」ときっちり決める。4牌めでオリる。
これはこれで麻雀につきものの悩み・そして後悔を消す一つの材料といえる。

別に毎回3牌じゃなくてもいいだろう。
「今回は2牌まで!」とか自分なりの直感を信じて決めるのもある意味オカルトだ。

大事な事は、一度決めたら絶対に後悔しない事。
そういう意思を身につける手段であるなら、オカルトも立派な戦術だと思う。

スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。
 

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハム

Author:ハム
やろうと思う事
・麻雀診断をいつか作る
・麻雀のメニューページを細分化する
・麻雀脳トレプログラムとか

最近思う事
・過程はどうあれやせたやせた。

好きな仕事人:三味線屋の勇次
好きな正義超人:ラーメンマン

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
くだらないアンケート
サイト内検索
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
タグクラウド

人気ブログランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
PR
フリーメールを作って稼ごう。 ウェブマネーに変換だ~
amazon新着商品
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。