スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

麻雀のタイプ 鳴き麻雀

ここまできたら片チンの漫画で全て通してみよう。

イメージ:芥川泥乃介(あくたがわどろのすけ)
001.jpg
 
(片山まさゆき「ミリオンシャンテンさだめだ!!」2巻より)

片チンの漫画にはあまりまともな鳴き麻雀をするキャラがいない。ケンジンとかヤスとか。
おそらくは片チン自体があんまり鳴き麻雀を強いと思っていないか好きじゃないかだろう。
勝手な想像だが。

鳴き麻雀を最終目標にするのは、
おそらく全てのタイプの打ち手の中で、一番のスキルが必要だ。

相手の当たり牌を読む能力、和了への嗅覚など。
簡単な話、鳴けば鳴くほどオリずらくなるのだ。
役牌は晒してしまうわ、ヤオチュー牌ばかり残るわ。
当然、打ち手自身の守備力が高くなければやっていけない。

現代麻雀では赤ドラの乱立で平均的に手が高くなり、おまけにチップ(祝儀)の高額化など、
はっきり言って手数がそのまま収支につながるようになってきている。

そう言った意味では目指すべきはこう言った鳴き主体とまではいかずとも、
的確な鳴きを逃さないスキルは必須だ。

だがしかし、決して不必要な鳴きをすることがこういった打ち手になる条件ではない。
バックにしても、点数状況など、常に意味のある鳴きをしよう。

相当自分の雀力が上がったと感じたらチャレンジしてみよう。

スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。
 

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハム

Author:ハム
やろうと思う事
・麻雀診断をいつか作る
・麻雀のメニューページを細分化する
・麻雀脳トレプログラムとか

最近思う事
・過程はどうあれやせたやせた。

好きな仕事人:三味線屋の勇次
好きな正義超人:ラーメンマン

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
くだらないアンケート
サイト内検索
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
タグクラウド

人気ブログランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
PR
フリーメールを作って稼ごう。 ウェブマネーに変換だ~
amazon新着商品
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。