スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。

鳴きのリスク

初心者向けに今一度鳴きのリスクを説明しておく。
鳴きへの考え方
 の頁で説明したように、
基本的に鳴くと守備力が下がるので、急所の牌だけを鳴く。これが大事。

上級者はそう言ったことがわかった上で鳴いている。
リスクよりもリターンがでかいと判断して鳴くのだ。
もちろん上級者の無理鳴きだってあるが、初心者とその頻度は大きく違うだろう。

鳴きの明確なリスクは守備力が下がることに加えてもう一つある。
それは1回鳴くごとに相手のツモを0.25牌増やすということだ。

「シャンテン数が変わらない鳴きはするな」とよく言われる。
自分のシャンテン数は変わらない上に、相手にツモを回して先にテンパイさせるチャンスを与える。
これは明確なマイナス要素だからである。

ポンポン鳴き場になって、大物リーチに仕止められる。
これは鳴いて相手にツモを回した結果でもある。

天鳳を打っていてちょうどいい例があったので紹介する。

①配牌
dddd.jpg
こうしてみれば全員悪いが、それでも私の配牌は良くない方だ。
これがどのような最終形になるのだろうか。

②対面がpin3.gifをポン
dddda.jpg
 
親でどうしてもタンヤオに寄せて和了したかったのだろう。他人の手に言及はしない。
ここから対面と上家の壮絶な鳴き合戦になる。

③最終形
ggggg.jpg 
親は結果としてマンガンテンパイ。
少なくとも今回は鳴きでマンガンテンパイというツモ運を手繰り寄せている。
 
だが、私の手も育ちに育ってしまった。
もちろんこれも運がたまたま回ってきた結果だ。
だが、計5回の鳴きで、他家より単純にツモ数の面でこの局私は有利だった。

あの配牌がここまで育ってしまったのはやはり無理鳴きの影響が大きいと言える。



スポンサード リンク
スポンサードリンクここまで

ブログランキング始めました!
この記事良いなと思った方は拍手代わりに押してくれると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ちなみに拍手されるのもすごく嬉しいです。ありがとうございます!
麻雀上達への道トップページへ戻る

ブックマークボタンを設置してみました。使ってみてください。よろしく~。
 

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハム

Author:ハム
やろうと思う事
・麻雀診断をいつか作る
・麻雀のメニューページを細分化する
・麻雀脳トレプログラムとか

最近思う事
・過程はどうあれやせたやせた。

好きな仕事人:三味線屋の勇次
好きな正義超人:ラーメンマン

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
くだらないアンケート
サイト内検索
スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
タグクラウド

人気ブログランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
PR
フリーメールを作って稼ごう。 ウェブマネーに変換だ~
amazon新着商品
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。